鼻の整形について

私の悩みは、上を向いた鼻の形でした。
芸能人のようなシュッと通った鼻筋に憧れていました。
人の顔というのは、鼻筋を少し通すことだけで、顔がぐっと華やかな印象に変えることが出来ます。
私はウジウジなやみ続けるより、少しプチ整形してでも、明るく人生を楽しんだほうがいいと思っています。
研究に研究を重ねて、レディエッセで鼻を少し高く、スッキリさせました。
まずは、私が調べた鼻のプチ整形術の中から、代表的なヒアルロン酸・プロテーゼ・レディエッセについて比較します。
施術方法ですが、レディエッセでは注射器による注入、ヒアルロン酸では注射器による注入、プロテーゼではメスで切開し挿入という手順を踏みます。
持続期間 については、レディエッセで1~2年、ヒアルロン酸で3ヶ月程度、プロテーゼは半永久となっています。
成分は、レディエッセはカルシウムハイドロキシアパタイト、ヒアルロン酸はそのままヒアルロン酸、プロテーゼはシリコンとなっています。
以上を踏まえた上で、私はレディエッセ隆鼻を選んだのです。
形が自然になることももちろん、メスは使わない点、アレルギー反応が心配ない点など安心できるメリットが多かったからです。
歯や骨と同じカルシウムが主成分っていう点も安心できるポイントとなりました。
最新の治療法と聞いてたから高いのかと思っていたのですが、きちんと探せば意外と安めのクリニックも見つけることができました。
注射1本分を買って、自分の好みの高さになるまで注入してもらって、残りの分はボトルキープ感覚で取って置けるクリニックもあるようです。ユニークな制度だと思いました。
フォロー体制としては、家に帰ってから、「やっぱり何か違う…」って思ったらやりなおしてもらうことができることがあります。これなら、失敗して変な鼻になるような危険性も少ないですし、数か月は取って置けるらしいので、時間がたって気が変わったなんて時でも安心できますし、後悔せずに済みます。